http://dougsutherland.org

exterior info

リフォーム

Reform

リフォームとは、壊れた箇所を修繕すること。特に一般的な文脈で使われるときには、住宅などの建物を修繕したり、改良したりするときに使う言葉である。
リフォームをするということはすなわち工事を行うということであり、修繕工事や改築工事という名で呼ばれることになる。

しかし、上記のような意味で使われているリフォームは、本来の英語での「reform」とは意味が違う。
英語圏で「リフォーム」と言えば、社会的な変革や心の変化を表す言葉であり、物質的な建物に当てはめる日本の「リフォーム」とは捉え方がほとんど別物である。
英語圏の国々で日本で言う「リフォーム」のような意味のことを探してみると、「リノベーション=renovation」という言葉がそれに当たると分かる。
リノベーションという言葉は日本でも使われている。
建物に対して工事を行うとき、修繕に「リフォーム」という言葉を当て、改築や増築などの工事のときに「リノベーション」という言葉を当てているのである。

内装

一戸建て住宅のリフォームは、内装と外装・外構、すなわちインテリアとエクステリアそれぞれに行われる。
また、どちらの場合であっても、定期的な修繕が行われたり、改装が行われたりとさまざまである。
たとえば内装の修繕ということで言えば、壁紙の張替えやフロアコーティングの塗り直しのようなことが挙げられる。壁や床が傷み、家そのものがその機能を失わないようにしなければならいのである。

あるいは、これまでと同じ状況に戻すような修繕工事だけではなく、新たな機能を備えた物を取り入れてこれまでより優れた住宅にしようというリフォームもある。
内壁を自然素材の塗り壁に変えてみたり、窓を断熱ガラスに換えてみたり、などといったことである。

外装・外構

gaikan

「外装」は外からの装い。外から目に見える部分のすべてである。
「外構」は「インテリア」に対して「エクステリア」と訳されるもので、一戸建て住宅の家屋の外側にある、あらゆる構造を指す。
外装・外構のリフォームというものも、インテリアのそれと同じように行われる。

たとえば一戸建て住宅の外観、美観を左右する外壁塗装の定期的な塗替えが必要であったり、タイル張りの地面の張替えが必要であったりする。
そして一方で、庭を有効活用するためにウッドデッキが取り付けられたり、防犯対策のために車庫の強化をしたりといった工事が行われるのである。